農村を元気に!

kilokino.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 31日

第三回淡河婦人会雑穀料理教室開催

c0178356_1055863.jpg

昨日先週に引き続き、辻調の為後先生をお招きして淡河婦人会で第三回目の雑穀料理教室を行いました。
えっ!29日にも梶川先生の教室があったのではないですか?と思われるでしょうが、淡河町には、淡河と上淡河に2つの婦人会があるのです。一昨日が上淡河婦人会で梶川先生をお呼びしての料理教室。昨日が為後先生の料理教室でした。
26日に淡路島に引っ越した私は、愛車カメ号に乗って、いざ淡河町へ。神戸淡路鳴門自動車道・山陽自動車道を経由して、三木東ICで高速を降り、約1時間半。
冬場は西風が強いため、北淡や明石大橋あたりでは横風を喰らい、小さな我カメ号は風に煽られ、車は右に左にと振られ、ハンドルをしっかり握っていないと、どこかに飛んでいきそうになります。でも無事に両料理教室に参加することが出来ました。

もう、先生とお会い出来ないかなと思っていたのですが、用事で淡河に行く事になり、お陰さまで先生のお話を聞くことができました。

今回のメニューは、五穀入り牡蠣グラタン・五穀入りスープファンティー・ほうれん草とちりめんじゃこ、粟入りヨーグルト和えです。

c0178356_1040442.jpgc0178356_10425037.jpgc0178356_1044196.jpgこれは五穀入り牡蠣グラタンを作っているところ。

左は、たかきび・もちキビ・はと麦を炊いて、すりこぎで半殺しにつぶします。
中央は、ベーコン・野菜を炒め、牛乳・左の雑穀を入れ味付けをして、一煮立ちしたら火を止め卵バターマヨネーズを混ぜたものを、加えて混ぜ合わせます。
グラタン皿(今回は人数が多いのでバットで焼く)につぎ分けて、ピザ用チーズを乗せオーブンで焼き上げます。

c0178356_1102781.jpgc0178356_1123948.jpgc0178356_115963.jpgこれはほうれん草とちりめんじゃこ、粟入りヨーグルト和えです。

ほうれん草にじゃこを加え、塩・薄口醤油・砂糖で味付けをします。
茹でた粟に、崩した明太子・ヨーグルトを加えます。
両方を混ぜ合わせて出来上がり。

c0178356_11161226.jpgこれは五穀入りスープミルファンティーの具。粟・ヒエ・キビを炊いて、粉チーズ・パン粉・卵・葱などを入れ、混ぜ合わせる。この具を、かき混ぜないように(かき混ぜるとスープが濁ってしまう)、おさえるようにしてスープに加え、弱火で軽く煮て出来上がり。

c0178356_11263863.jpgc0178356_11263963.jpgc0178356_11273087.jpg出来上がりの3品です。


c0178356_1131496.jpg今回は3回目ともあって、先生も生徒さんたちも慣れて来たのか、手順良く進行しました。
そして、今日で私の参加が最後と言う事もあって、みんなで写真を撮ろうということになりました。
しかし、私が写っていません。
どうやら私と一緒に撮りたいのではなく、写真のプロの私に、最後に撮って欲しかったようです。
でも、生徒さんのカメラで私も入って撮っていただきました。
そのデータがないので、アップできませんでした。

これからも皆さん、先生と一緒に雑穀料理を作って、淡河町の特産品にしてください。
また、参加できる時は、ブログで紹介いたします。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-31 11:43 | 雑穀
2009年 01月 29日

上淡河婦人会で雑穀料理教室開催

c0178356_2134686.jpg

今日は、上淡河婦人会で第一回目の雑穀料理教室が行われました。
講師は、ブログでもお馴染の梶川先生です。
先生も、生徒さん達も初めてのご対面だったためか、始めはぎこちない感じでした。
でも、梶川先生が子供時代イボなどで困っていた時、お母さんにハト麦のご飯を食べさせられて直ったとの話や、最近のい若い年代層では、雑穀を食べることがステータスになってきたなどの話をしていくうちに、だんだんと打ち解けてきました。
実習が始まった時は、「先生の肌って綺麗ですね。」といわれ、照れる一面も。

今日の料理は、もちきび団子・冬瓜のたいたん粟あんかけ・さつま芋と黒米ご飯でした。
最初に、先生からモチキビの炊き方を教えてもらい、それぞれ分かれて、3つのメニュー作りに入りました。
婦人会では、時々料理教室を行っていたためか、主婦が多いためか、先生のレシピやアドバイスのお陰で、結構すんなり進行していました。

c0178356_21243497.jpgc0178356_21281083.jpg

こんな感じでみんな和気藹々と教室は楽しく進みました。

c0178356_21325740.jpg
これが、今日作った雑穀料理です。
左下が、さつま芋と黒米のご飯
中央上が冬瓜のたいたん粟あんかけ
右がもちきび団子です。
みんなとても美味しいを大好評。
でも難しい質問もありました。
粟は、総入れ歯の人の隙間に、挟まりませんか?
お年寄りに出してあげたかったようです。
でも、この質問にはお答えが出せませんでした。

来月もまた、料理教室が行われます。
また、新しい雑穀料理で皆さん楽しめるでしょう。
梶川先生、今日はお疲れ様でした。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-29 21:41 | 雑穀
2009年 01月 21日

淡河婦人会で二回目の雑穀料理教室開催

c0178356_16215932.jpg

昨日、淡河婦人会で雑穀を使った料理教室(二回目)が行われました。
講師は、前回と同じく辻調理師学園の為後先生です。
今回のメニューは赤米とモチ粟を使ったうら巻き寿司と、モチ粟の入ったリンゴのヨーグルトケーキハト麦ソースかけ、簡単お吸い物でした。

c0178356_16314262.jpg
これは、うら巻き寿司を作っているところです。赤米ご飯にすし酢を混ぜ、巻きすだれを使って、具に胡瓜・うなぎ・しば漬け・薄焼き玉子でうら巻き寿司を作り。その後に、ラップに炊いたモチ粟を伸ばし、再度巻いたものです。
ちょっと、粟が炊きすぎて柔らかくなってしまったけど、粟のモチモチ感がとても美味しい巻き寿司でした。


c0178356_16514840.jpg
これは、もち粟入りのリンゴヨーグルトケーキです。
ヨーグルトの入った生地の片面を、フライパンで焼き、その上にリンゴをのせます。
下面が焼けてが色づいてきたら、お皿などを使って、ひっくり返します。
そして、両面をフライパンで焼いたものです。


c0178356_16525645.jpg
これに、砂糖で作ったキャラメルに、炊いたハト麦を入れて、煮込んでいるところです。
出来上がったら、このソースをケーキの上にかけて出来上がり。
結構、簡単にできますよ。リンゴの代わりに桃やオレンジなどのフルーツを使っても美味しいかも。
後の一品は、梅干と鰹節・わかめを使った簡単お吸い物でした。


c0178356_178711.jpg
c0178356_1783874.jpg


c0178356_1710538.jpg

今日も美味しく、いただきました。
為後先生、いつも美味しいレシピを教えていただいて、有難うございます。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-21 17:15 | 雑穀
2009年 01月 17日

こんな、よもぎ餅をもらいました。

c0178356_2184933.jpg

このよもぎ餅は先日頂いたのです。
すぐ食べればよかったのですが、私が淡路に行かなくてはならなくて、冷凍しておいたものです。
今日お腹がすいたので、そうだお餅があると思って、冷凍庫から取り出し解凍して網で焼いて食べたのでした。ですから見た目は悪いでしょ。
左が冷凍した草もち。右が焼いた草もちです。

芋が入っているからねと言われたのですが、どうみても草もち。どのようにお芋さんが入っているのかなぁと思っていました。

c0178356_2116169.jpg
この中に、さつま芋が入っていたのです。
焼いたらお餅は芳ばしいし、よもぎの香りがふわっと香って、なおかつ、お芋さんはホクホクしているし、甘みは控えめだし、とても美味しくいただきました。
有り難くいただきました。

どこに、このお餅売っているのだろうか?
今度もらった人にきいてみよっと。
私大福が大好きなので、このお餅気に入ってしまいました。

そうだ、草もちと言ったら、私が生まれ育った新宿に、「追分だんご」と言うのがあって、草もちの上に小豆餡が乗っているのです。
この「追分だんご」が好きでねぇ。子供の時よく食べました。
そういえば、めぐんさんの昨日のブログは小豆の話でしたね。
もう何年も食べていないなぁ。あ~食べたいなぁ。
今度、東京に帰ったら買ってこよっと。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-17 21:30 | 料理
2009年 01月 14日

淡路島の水仙郷に行ったぞー!

c0178356_21445997.jpg

今まで何度も淡路島に行った事があるのに、水仙を見ることが出来なかったのです。
今回は引越しの準備で淡路に行ったので、片付けがたくさんあって、今年も無理かなぁと思っていたのです。

昼までに予定の片付けを終わらせ、昼食をしに外出したついでに寄ってきました。
ここは、灘黒岩水仙郷です。
水仙は今が見頃、満開でした。来週まで楽しめるかなぁてな感じかなぁ?
見てくださいこの青空。
この、天候不順の中、みごとに晴れてくれました。
元旦に伊弉諾神宮に参拝したのが良かったのかなぁ?

初めての水仙郷、良かったですね。
来年も絶対に行ってこようと思います。ちなみに、入園料は500円です。

しかし、神戸への帰りには、霰と強風の中、車が左右に振られながら、車を押さえながら帰って来ました。しんどかったです。

これからも、淡路の名所を紹介しますので、淡路島に来られる時はコメントくださいね。
穴場情報を教えますから。
c0178356_2265985.jpgc0178356_2285481.jpg
c0178356_2244629.jpg















c0178356_22181721.jpg

c0178356_22121267.jpg

[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-14 22:01 | 淡路島ぶらり情報
2009年 01月 13日

こんな雲が出ていました。

c0178356_105142100.jpg

これは、私のマンションから見た、六甲山です。
毎日、これを見ながら家を出るのですが、こんな雲初めてです。
青空の中に、六甲山の上だけに雲が、長~~く連なっているのです。
富士山の傘雲と同じ現象かなぁ?

この景色を見るのももう僅か。
今月26日には、淡路島に引越しをします。
今は、引越しの準備でおおわらわ。ブログをアップしている暇もありません。
今日は、何とか時間が出来て、やっとこの写真を紹介できました。

淡路に行っても、ブログは続けますので、よろしくお願いいたします。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-13 10:59 | アウトドア他
2009年 01月 07日

素敵なものが届きました

c0178356_1017498.jpg

美麗豊の辻本さんから、素敵な贈り物。
有難うございます。この雑穀は私が育てたものですよね。嬉しいなぁ。こんなに綺麗に作ってくれて、大事に飾らせていただきます。

実は、暮れに送ってもらったのですが、淡路島に行っていて受け取ったのが5日でした。
紹介が遅れてしまいました。

同封されていたのは、それだけではないのです。
c0178356_10234418.jpg
これはお豆さんの見本です。
豆ってこんなにたくさんの種類があるのですね。
私の知らない豆ばかりです。
豆も雑穀の一つだから、少しは勉強しないといけないな。
でも、こんな種類の豆って、スーパーに売っていないですよね。
私の知っているのは、大豆、小豆、黒豆・・・ウ~ンそれと、生の空豆、インゲン、えんどう豆、落花生ぐらいかなぁ。
あと時々、虎豆、ひよこ豆はみたことあるぐらいです。

c0178356_10363824.jpg
あと、読んでみたかった「のこたべ」も入っていました。
いろいろ、ありがとうございます。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-07 10:46 | 雑穀
2009年 01月 05日

ほうとう見~つけた。

c0178356_0221119.jpg

神戸に来る前に、長野県に3年間アウトドア関係の撮影で住んでいました。
その時知ったのが山梨県と長野県の境目にあたる地域でほうとう鍋というのがありました。
武田信玄の本拠地での食べ物です。
このほうとう鍋が食べたくても、関西には、ほうとうが売っていないのです。
ほうとうとは、うどんやきしめんの様で、でもそれではなく、ほうとうは、ほうとうなのです。

淡路島のスーパーに行ったらあったのです。うれしかったなぁ。どんなに料理が出来ても材料がそろわなければね。
でも、これは山梨県のほうとうではなく、香川県のさぬきうどんの製麺所でつくられたほうとうでした。さすが淡路島。さぬき文化が入っていますね。
さぬきうどん屋で作った、ほうとうなら、きっと美味しいと思って買ってきました。

c0178356_0362283.jpg
ほうとう鍋は、南瓜、里芋、人参、牛蒡、白菜などの野菜とキノコ類がたくさん入ります。
まず、根菜類を味噌仕立て(信州味噌)で少し煮込んで、ほうとうを入れます。
ほうとうは、生のきしめん状態のうどんを、生のまま鍋に入れるのです。
ただ、ほぐしていれないと、ほうとう同士がくっついてしまうので、注意です。
左の写真がその状態です。

その後で、キノコ類や白菜・ネギなど早く煮える物をを入れます。
キノコは、椎茸、シメジ、舞茸、エノキなどなど、信州にはもっとたくさんキノコの種類があるのですが、スーパーではこれぐらいかな?
キノコの一杯入ったほうとうは、きのこほうとうと言います。
キノコ大好きな私は必ずこれにしてしまいます。

c0178356_0573981.jpg
これが、煮えた状態です。
ほうとうの粉のついたまま、入れているので、打ち粉のため鍋のスープはドロドロ状態です。
これが、冬の寒い時にこのドロドロが体を温めるのですよね。
食べ始めていたら、暑くなって、みんなシャツを脱ぎ始めました。
葛湯や汁粉も温まるでしょ。それと一緒です。

だって、山梨県や長野県は寒いですから、北海道ほどではないかもしれないけどね。

失礼しました。北海道の室内って暖かいのですよね。暖房が効いていて。
私の住んでいた安アパートは、コタツしかなかったので、これで体を温めていました。

今日は食べる前に写真を撮ることが出来ました。
今回からカテゴリーに「料理」を増やしましたので、これからもよろしくです。

あ~これで、食べる前に写真を撮らなければならなくなってしまった。
ガンバロっと。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-05 01:21 | 料理
2009年 01月 03日

こんな、お餅見つけた!

c0178356_16451997.jpg

暮れに、お正月用の丸餅を買いにお餅屋さんヘ・・・。
ところが、お餅屋さんは、大忙し。
次の餅が突けるまで1時間ぐらいかかるとのこと。
そしたら、奥さんが「神棚に飾るお餅なら今あるよ。普通のお餅と一緒だから、これを持って行ったら。」と。
戴いたお餅が、この格好の餅でした。
丸餅の上に、チョボがついている。

淡路では、このお餅を神棚に並べて置くのだそうです。
地方には色々な風習がありますね。
そういえば、四国では、お雑煮にあん餅を使うそうな。
この話をすると、みんな「え~~!」って言うけど。私は一度食べてみたいなぁ。
どんな、味がするのかな?結構美味しかったりして。
どなたか、レシピを知っている方教えて下さい。
ちなみに、あん餅が残っているので。

ちなみに、今年のお雑煮は、1日に関西風の白味噌のお雑煮、2日は関東風のお澄ましのお雑煮でした。

写真ですか?またも、食べてしまったので、ありません。
別に写真で紹介するほどのものでもないしね。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-03 17:08 | 淡路島ぶらり情報
2009年 01月 01日

謹賀新年・淡路の伊弉諾神宮に初詣

c0178356_20102963.jpg

明けましておめでとうございます。
今日は元旦。淡路国一宮の伊弉諾神宮に行ってきました。

実は、今年の年賀状もこの神社の写真だったのです。
ライフワークで、日本全国にある一ノ宮神社の写真を撮り続けています。
その中の一枚を使ったのでした。

淡路に縁があるのかなというより、もしかしたら、淡路島に住むことになるかもしれません。
それで急遽、淡路の一ノ宮さんにご挨拶に来たというわけ。
今年から、淡路島ぶらり旅を時々お送りいたします。

さすが、神社は人で一杯。参拝客の列に並んで、やっとこさ、拝礼を終えました。

年末は片付けなどに追われ、忙しい毎日でしたが、今日はのんびり。
朝ゆっくり目に起きて、お雑煮を食べ、車で神社に行ったのでした。
そして、やっとブログを打つ時間もとれました。

雑穀関係の仕事も、まだ続けていきたいと思いますので、
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-01 20:51 | 淡路島ぶらり情報