農村を元気に!

kilokino.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 22日

淡河の隠れた人気物

c0178356_16275363.jpg
淡河町の名産品は、酒米の山田錦や新鉄砲ユリと、創業120年の満月堂の豊助饅頭が有名です。でも、他にもあるのですよ。
道の駅に行くと、新鮮野菜、婦人部が作った味噌・播州素麺などなど。
その中でも、私のお気に入りは、小粒黒豆納豆と、授産施設で作られているおせんべいです。
小粒黒豆納豆は、淡河の一番西にある勝雄集落で作られています。ここでは、道の駅の食事処淡竹の手打ちソバ用のソバも栽培されています。
c0178356_16294335.jpg
この納豆に使われている黒豆は、昔からあった在来種の黒豆を復活させ、納豆にしたものです。納豆特有の臭いも少ないし、とても食べやすいのです。
難点はちょっと粘り気が足りないかなと思われますが、てんぷらなどの料理には、もってこいかも。納豆サラダなんかも出来そう。
なんたって、地元の豆ですから、絶対安心・安全が一番かな。
値段は、2個入りで185円です。


c0178356_16574799.jpgc0178356_1659439.jpg
このおせんべいが、淡河町の木津地区にある知的障害者授産施設・光の村で作られたしょうが味のおせんべいです。いろいろな種類があるのですが、私はこれが好きでね。時々買ってきます。素朴であまり甘すぎないので、食べやすいのです。夜に小腹が減ると、バリバリ・モグモグです。一枚食べると、もう止まらなくなってしまいます。
今も、食べながらブログを打っています。
そうだ、お菓子で思い出した。紹介しなくてはならないものが。

c0178356_17172631.jpgc0178356_17174441.jpg
先日、めぐりんさんと滋賀の乙女さんが、雑穀畑に見学に来た時もらったお土産です。
左がめぐりんさんからいただいた、清浄歓喜団というお菓子です。奈良時代に遣唐使によって仏教伝来とともに伝わった唐菓子の一種とのこと。
これも甘みが控えめで桂皮の香りがして美味しかったです。
右が、滋賀の乙女さんからいただいた、手づくり大黒あられです。
乙女さんのおじいちゃんが作っているそうです。
私は東京生まれ・育ちなので、このようなあられや煎餅が大好きなのです。
有難うございました。どちらも美味しくいただきました。
[PR]

by kilo-kinosita | 2008-10-22 17:31 | 淡河町ぶらり情報


<< 岡山県玉野市で雑穀フェスタ開催      アマランサスの刈取りⅡ >>