2008年 09月 01日

雑穀栽培・キノアの播種

c0178356_215364.jpg

今日、キノアの種まきをしました。
キノアは、まだ日本ではあまり栽培されていません。
私のキノアの先生は、日本大学の磯部先生です。

写真は、種まきをした後、記念写真を撮ったものです。
右一番前にいらっしゃるのが、磯部先生です。その回りが淡河町で雑穀の栽培で協力していただいている方たちです。写真を撮る時は、人が少なくなってしまったので、写らなかった方はゴメンなさい。
私も写っていないので、私は元カメラマンだったので、撮る事ばかりになってしまいます。
誰か、私と撮ってください。

キノアは、南米(ペルー)原産の雑穀で、高地に繁殖する雑穀です。
キノアとアマランサスは、南米ではポピュラーな穀物だということです。
どちらも、ビタミン・ミネラルが豊富で、雑穀ブレンドのはかかせない雑穀の一つです。
アマランサスは、結構、栽培されてきていて、国内産がありますが、キノアの国内産は、ほとんどありません。
今年から、山梨県でやっと生産栽培が行われるようになったぐらいです。

ZAC-COKで雑穀のブレンドをするために国内産のキノアを探したのですが、ありませんでした。キノアの国産品があれば、すべて国内産のブレンドが出来ます。
それだったら作ればいいのではないかと言う事で、磯部先生にお願いして、栽培を始める事にしました。

今日種まきをして、収穫は12月になります。他の雑穀と共に、雑穀栽培日記を紹介したいと思います。
[PR]

by kilo-kinosita | 2008-09-01 21:33 | 雑穀


<< 鳥害対策のネットを張りました。      淡河町の雑穀畑 >>