農村を元気に!

kilokino.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 17日

普茶料理どすえ~

c0178356_2111542.jpg

最近、近所のお寺さんの住職さんが、ほぼ毎日のようにお店に来て、お弁当を買って帰ります。
その住職さんから、「普茶料理」を作ってくれないかなぁ・・・?」
とのことで、作る羽目になってしまいました。
普茶料理とは、中国風の精進料理のことで、禅宗である黄檗(おおばく)宗の料理です。
有名なのが京都にある黄檗山萬福寺だそうです。

出来上がったのが、上の写真のソラ風の普茶料理のお弁当です。
左上が、油じ(ゆじ)(じと言う字がパソコンで出ない)と言われる野菜などの天ぷらです。
その下にあるのが擬き料理と言われる、豆腐で作った鰻です。

その右が、雲片(うんぺん)と呼ばれる中華風の炒め物・八宝菜のようなもの。
残った野菜でつくるのだそうです。
ちなみに、煮物で使ったしいたけ・竹の子を使い、人参・しめじなどで作りました。

右中が笋羹(しょうかん)と呼ばれるものの中のひとつの野菜の煮付け、
ふきの信田巻き・干し椎茸・竹の子・里芋です。
右下の右が胡麻豆腐・その隣は漬物になりますが、たくあんを入れる予定がそれが無く、ランチで使った大根と大葉の一夜漬けをとりあえず変わりに入れました。

左中央の左が、ほうれん草の胡麻和え、その右が、茄子の生姜焼き
左下のご飯は、ソラのオリジナル雑穀ブレンドです。

おかげさまで、なんとか出来ました。
もちろん何も無くては、いくら私でも普茶料理なんて出来るわけがありません。
住職さんから、普茶料理の本を借りての料理でした。

でも、このお弁当を作って住職さんに食べていただいたところ、大変喜ばれました。
また、これで、弁当メニューが増えるかなぁ・・・?
でも、普茶料理ってとても手間がかかるのです。
お店の料理の仕込をしながら、その合間を見て、普茶料理をつくるのはとても大変でした。
でも出来たときは、やったね!と言う感じでしたよ。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-09-17 21:48 | ショップSola


<< 今週は色々ありました      これな~んだ! >>