2009年 02月 12日

淡河八幡神社の御弓神事に行ってきました

c0178356_21352395.jpg

昨日、神戸市北区淡河町にある淡河八幡神社の御弓神事に行ってきました。
初めにこの神事を撮影したのが平成4年ですから、もう16年になります。
淡路に来て今年は行けないかなぁ?と思っていたのですが、午後に大阪に行く用事があったため、午前中だけでもと御弓を見に行ってきました。

いつもはとても寒く、雪が降ることもあるのですが、今年は例年に無く暖かで良かったです。
この神事は兵庫県の無形民族文化財に指定されているものです。
初めに、宮司さんが的の中央に鬼と書いて、それを黒く塗りつぶします。それを射手が矢で打ち抜くをいう神事です。
これは、700年前に鎌倉の鶴岡八幡宮から御霊を分社され、この神社に収めるために悪霊を払った神事から続いているものです。
4人の射手が二組に分かれて、交代で2本の矢を射ます。その様子を写真で紹介しますね。

c0178356_21525481.jpgc0178356_21541294.jpg

c0178356_21564310.jpgc0178356_21591647.jpg

c0178356_2214633.jpgc0178356_224426.jpgc0178356_2265539.jpg

c0178356_229854.jpg

こんな感じで、神事が行われ午前と午後に2組の作法が行われます。
この神事が終わったあと、中学生による36人大的射があり、兵庫県弓道連盟による試射、そして餅まきと続き、すべての神事は終了します。
今年は残念ながら、一組の神事しか見れなかったけど、やっぱり来れてよかったなぁと思って大阪に移動しました。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-02-12 22:17 | 淡河町ぶらり情報


<< 梶川先生の雑穀料理教室・上淡河...      南あわじの水産まつりに行ってき... >>