2009年 01月 31日

第三回淡河婦人会雑穀料理教室開催

c0178356_1055863.jpg

昨日先週に引き続き、辻調の為後先生をお招きして淡河婦人会で第三回目の雑穀料理教室を行いました。
えっ!29日にも梶川先生の教室があったのではないですか?と思われるでしょうが、淡河町には、淡河と上淡河に2つの婦人会があるのです。一昨日が上淡河婦人会で梶川先生をお呼びしての料理教室。昨日が為後先生の料理教室でした。
26日に淡路島に引っ越した私は、愛車カメ号に乗って、いざ淡河町へ。神戸淡路鳴門自動車道・山陽自動車道を経由して、三木東ICで高速を降り、約1時間半。
冬場は西風が強いため、北淡や明石大橋あたりでは横風を喰らい、小さな我カメ号は風に煽られ、車は右に左にと振られ、ハンドルをしっかり握っていないと、どこかに飛んでいきそうになります。でも無事に両料理教室に参加することが出来ました。

もう、先生とお会い出来ないかなと思っていたのですが、用事で淡河に行く事になり、お陰さまで先生のお話を聞くことができました。

今回のメニューは、五穀入り牡蠣グラタン・五穀入りスープファンティー・ほうれん草とちりめんじゃこ、粟入りヨーグルト和えです。

c0178356_1040442.jpgc0178356_10425037.jpgc0178356_1044196.jpgこれは五穀入り牡蠣グラタンを作っているところ。

左は、たかきび・もちキビ・はと麦を炊いて、すりこぎで半殺しにつぶします。
中央は、ベーコン・野菜を炒め、牛乳・左の雑穀を入れ味付けをして、一煮立ちしたら火を止め卵バターマヨネーズを混ぜたものを、加えて混ぜ合わせます。
グラタン皿(今回は人数が多いのでバットで焼く)につぎ分けて、ピザ用チーズを乗せオーブンで焼き上げます。

c0178356_1102781.jpgc0178356_1123948.jpgc0178356_115963.jpgこれはほうれん草とちりめんじゃこ、粟入りヨーグルト和えです。

ほうれん草にじゃこを加え、塩・薄口醤油・砂糖で味付けをします。
茹でた粟に、崩した明太子・ヨーグルトを加えます。
両方を混ぜ合わせて出来上がり。

c0178356_11161226.jpgこれは五穀入りスープミルファンティーの具。粟・ヒエ・キビを炊いて、粉チーズ・パン粉・卵・葱などを入れ、混ぜ合わせる。この具を、かき混ぜないように(かき混ぜるとスープが濁ってしまう)、おさえるようにしてスープに加え、弱火で軽く煮て出来上がり。

c0178356_11263863.jpgc0178356_11263963.jpgc0178356_11273087.jpg出来上がりの3品です。


c0178356_1131496.jpg今回は3回目ともあって、先生も生徒さんたちも慣れて来たのか、手順良く進行しました。
そして、今日で私の参加が最後と言う事もあって、みんなで写真を撮ろうということになりました。
しかし、私が写っていません。
どうやら私と一緒に撮りたいのではなく、写真のプロの私に、最後に撮って欲しかったようです。
でも、生徒さんのカメラで私も入って撮っていただきました。
そのデータがないので、アップできませんでした。

これからも皆さん、先生と一緒に雑穀料理を作って、淡河町の特産品にしてください。
また、参加できる時は、ブログで紹介いたします。
[PR]

by kilo-kinosita | 2009-01-31 11:43 | 雑穀


<< 懐かしいカメラが出てきました      上淡河婦人会で雑穀料理教室開催 >>