農村を元気に!

kilokino.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 23日

淡河八幡神社・新嘗祭

c0178356_2058580.jpg

今日は勤労感謝の日、全国的に神社では新嘗祭が行われていることと思います。
淡河八幡神社でも、氏子から献上された赤米・黒米や野菜などが奉納されました。
ここに私が栽培したアワ・キビ・モロコシ・アマランサスを奉納させていただきました。

c0178356_2161648.jpgc0178356_2173956.jpg
八幡神社に奉納される黒米は、伊勢神宮からいただいたもの。
赤米は吉備津神社からいただいたものです。
毎年、氏子が栽培して神社に奉納されます。
奉納された古代米は、祭典のあと、直来で食されます。
私も、育てた雑穀たちを奉納しようと昨日一日かけて調整していました。











c0178356_21162530.jpg
これはアマランサスです。
まずバットに広げ、混ざっている石やゴミをピンセットでひとつひとつ丁寧に拾っていきました。
もちろん、キビ・アワも同じようにしました。結構手間がかかる作業です。
モロコシは粒が大きいので、網の選別だけで済みました。
アマランサスは、脱穀後網を通しているうちに、籾がとれていまい、実だけになっていたので、ゴミを拾うだけで済みました。





c0178356_21274356.jpgc0178356_21305671.jpg
これはキビです。脱穀しただけでは、籾がとりきれず、手でこすっていましたがそれでもとりきれません。
機械があればなぁ。と思っていたとき、思い出しました。
前に四国の雑穀栽培地の穀彩村に行ったとき、雑穀を栽培している方から、ミキサーで精白をしていると、
これだ、そのためにミキサーを買ったんだ。
実を傷つけないように、フラッシュで、ちょんちょんとスイッチを入れ、何度も様子を見ながら回していくと、左のように綺麗になりました。
これは、殻が付いた玄穀の状態です。
アワもモロコシも同じように、ミルサーで籾取りをしました。
奉納は、この玄穀ですることにいたしました。

c0178356_21444827.jpg
さらに、玄穀をミルサーにかけると、左のように精白ができました。
ちょっと、ミルサーをかけ過ぎて、欠けてしまったものがあるけど、後は、コツだけですね。
でも、少しなら、これでできるけど、大量になると、やはり精白の出来る精米機がほしいですね。
精米機で籾も一緒に取れるのだろうか?
野のものさん、知っていたら教えてください。お願いします。
[PR]

by kilo-kinosita | 2008-11-23 21:53 | 雑穀


<< ソバの刈取りだぁ      キノアの変身 >>