農村を元気に!

kilokino.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 01日

法道仙人の結界か?

c0178356_2383271.jpg

私が、淡河町で神社・仏閣・史跡・遺構の調査をしたのが平成8年でした。各集落の区長さんにお願いして、そのすべてを調査して写真に収めました。
その数500ヶ所以上あったのです。

その時は聖三角形なんて知らなくて、淡河八幡神社の御旅神事で三角形の田圃を知りました。そのわけを知りたくて、加門七海さんの「大江戸魔方陣」「東京魔方陣」を読み、江戸城の結界を知ったのです。
でも淡河の歴史は、江戸時代よりずっと前のこと、どうかなと思いこの500ヶ所を地図に落とし込み、調べて見たのですが、いくつかの三角形は見つかるのですが、ぽつぽつとあるだけで、なんの関係も見つからずにいたのでした。
これは、偶然に三角形になっているだけかなと思っていました。

悩んでいるうちに、石峯寺を開基した法道仙人に行き当たりました。
法道仙人は、播磨国周辺に100以上の寺院を開基した仙人。なにかあるかな?

淡河町には石峯寺・仙養寺・新善寺の三ヶ所あります。
隣の三木市には、蓮華寺・伽耶院・長福寺・慈眼寺・善祥寺・吉祥寺・法輪寺・教海寺・満願寺・金剛寺・月輪寺・宝寿寺・正法寺の13ヶ所
旧吉川町(現三木市)には1ヶ所の法道仙人開基のお寺があります。
そして、その周辺の神戸市西区にある、最明寺・近江寺を併せて19ヶ所のお寺を2万5千分の1の地図に落とし込みました。
一つ一つ、コンパスや三角定規等をあてながら調べてみました。
それが上の図面です。(見辛くてすみません)

でも、ご覧の通り、すべてのお寺が二等辺三角形で結ばれるのです。
それも、1mmの狂いも無く。
2万5千分の一の1mmって25mしかないのですよ。
これって、もしかして、パワースポットかなぁ。不思議だなぁ。

ここから、寺院・神社の聖三角形がぞくぞく見つかる事になったのです。
その話は次回にいたします。

今回からカテゴリーを「淡河ぶらり旅」から「美嚢郡の結界」にします。
以前の内容は淡河ぶらり旅で検索してください。よろしくお願いします。
[PR]

by kilo-kinosita | 2008-11-01 00:15 | 美嚢郡の結界


<< モロコシの刈取り      岡山県玉野市で雑穀フェスタ開催 >>